カトリックニュース

◆大阪教区の前田大司教が枢機卿に=バチカン、日本人6人目 – 時事ドットコム 2018/05/21
◆雲仙で殉教者追悼1300人祈り「地獄」のキリシタン弾圧、信仰貫く – 西日本新聞 2018/05/21

毎日の黙想 6月号

「毎日の黙想」は米国のTHE WORD AMONG US誌を抄訳した日本語版です。毎日のミサで朗読される聖書のみ言葉のうちのひとつを解説しています。ご自分の祈りの時間に、その日の箇所を祈りとともにお読みになられてから、毎日の黙想を読まれることをお勧めいたします。米国の典礼暦に沿った内容ですので、日本の典礼暦による聖書朗読箇所と合致しない日がありますが、ご了承下さい。

1冊400円/年間購読4800円 (送料共税込) A5判
※毎日の黙想は見本品等の発送は行っておりませんが、サンプルページがご覧になれます。

 カートへ 


聖母の騎士 6月号

月刊「聖母の騎士」はマキシミリアノ・コルベ神父が、日本の国民にキリストの福音と聖母マリアの愛を伝えるために創刊しました。その内容は、カトリックの教え入門、現代に生きるキリスト信者の横顔など、キリスト教を紹介する読み物になっています。信者の方はもちろん、キリスト教に興味、関心をお持ちの方にもお勧めいたします。

[ 平成30年6月号目次 ]・こんちりさんながさき(長谷川集平)・カトリック教会のこころを思いめぐらして(谷崎新一郎)・育てること、育つこと(小塩 節)・もう一人のマリア(フォコラーレ)・マルタン夫妻の家庭(堀 妙子)・アシジからの風(チャン・ヴァン・ホァイ)・聖書を黙想する(静 一志)・うたうことは 祈ること(小口浩司)・アクセス・サクセス・ネクサス(森内俊雄)・聖書におけるマリアさま(編集部)・主の楽の音(フランク坂井)・編集室から

1冊225円/年間購読2700円 (送料共税込)本文32ページ A5判
※聖母の騎士誌は見本品等の発送は行っておりませんが、サンプルページがご覧になれます。  カートへ 


聖母文庫「教会だより」

カトリック仁川教会報に綴った8年間
ここに収めた「教会だより」は、西宮市のカトリック仁川教会報「タウ」の巻頭に掲載されたエッセイです。2009年4月から2017年3月までの8年間です。当時の出来事を思い出しながら読んでいただけましたら幸いです。五島の教会の話題が多いのは、筆者が福江島、現在の五島市岐宿町西楠原で少年時代を過ごしたからです。(水浦征男)

価格 600円+消費税 本文301ページ 商品コード B289 ISBN:9784882163749 C0195 著者等 水浦征男

 カートへ