カトリックグラフ(※外部サイトにリンクしています。)

聖母の騎士2月号 NEW!

月刊「聖母の騎士」はマキシミリアノ・コルベ神父が、日本の国民にキリストの福音と聖母マリアの愛を伝えるために創刊しました。その内容は、カトリックの教え入門、現代に生きるキリスト信者の横顔など、キリスト教を紹介する読み物になっています。信者の方はもちろん、キリスト教に興味、関心をお持ちの方にもお勧めいたします。

[ 2021年2月号 目次 ] ◆わたしがあなたがたを選んだ(奥村ありさ)◆すべての生命の環境を次の世代に受け継ぐために(奥田直久)◆ラルシュかなの家「日々の生活」(佐藤 言)◆小さな命を大切にするために(松本信愛)◆神の国へ-過越の神秘(加藤 智)◆聖書を黙想する(静 一志)◆長崎・彦山のふもとから(水浦征男)◆新生会HALC[ハルク]の丘から(原 慶子)◆アシジからの風(チャン・ヴァン・ホァイ)◆イエス・キリストの福音と出会い(山元 眞)◆マリアお母さん(崔友本枝)◆編集室から

年間購読3300円 (送料共税込)本文32ページ A5判
※聖母の騎士誌は見本品等の発送は行っておりませんが、サンプルページがご覧になれます。  購入ページへ 


【最新刊】聖母文庫「南無アッバ」に生きる

井上洋治神父の言葉に出会うⅣ ・・・・・ 長年師事してきた井上神父が最後に到達した「南無アッバ」の境地、祈りをめぐって、前三冊以上に私自身の問題意識にそって正直な考察を試みたつもりです。・・・・・少しでも多くのキリスト者、求道者そして日本人が自然体で、ご自身の心の琴線に響くイエスさまのお顔(神観)を求めるきっかけともなれば、著者として幸甚の至りです。(「あとがき」より)

商品コード:B294
ページ等:P183 C0116
ISBN:978-4882163817
著者:平田栄一
定価:600+税  購入ページへ 

著者プロフィール 《平田栄一(ひらた・えいいち)》1955年 埼玉県生まれ。慶応義塾大学商学部卒。埼玉県立白岡高等学校地歴公民科教諭。カトリック俳人、求道俳句誌「余白の風」主宰。井上洋治神父の「風の家」運動を引き継ぎ、毎月「南無アッバ」の集いと講座を続けている。


毎日の黙想1・2月号

「毎日の黙想」は米国のTHE WORD AMONG US誌を抄訳した日本語版です。毎日のミサで朗読される聖書のみ言葉のうちのひとつを解説しています。ご自分の祈りの時間に、その日の箇所を祈りとともにお読みになられてから、毎日の黙想を読まれることをお勧めいたします。米国の典礼暦に沿った内容ですので、日本の典礼暦による聖書朗読箇所と合致しない日がありますが、ご了承下さい。

年間購読5500円 (送料共税込)本文40~80ページ(発行月により異なります)A5判
※毎日の黙想は見本品等の発送は行っておりませんが、サンプルページがご覧になれます。

 購入ページへ