事業所

   宗教法人カトリックコンベンツアル
   聖フランシスコ修道会
聖母の騎士社

   代表者 竹内昭彦 編集者 赤尾満治

   〒850-0012 長崎市本河内2-2-1

   TEL:095-824-2080

   FAX:095-823-5340

   お気付の点などありましたら
   お気軽にご連絡ください。



Designed by:

ブックデータ: 教皇ヨハネ・パウロ2世の詩
Title:      教皇ヨハネ・パウロ2世の詩
BookID:      B207
Authors:      木鎌安雄=訳
ISBN-10(13):      978-4882162520
Publisher:      聖母の騎士社
Publication date:      2004-12-01
Edition:      聖母文庫 P71 C0195
Language:      Japanese
Price:      500円+税
Rating:      3 
Picture:      cover           Button Order
Description:     

神とは誰か。神は創造主。

はじめあるがごとく絶えず無からすべてが実在するように呼びかけ、

それを抱きかかえている。

 

ヨハネ・パウロ二世教皇の『ローマ三部作』の第一部は、

創造の体験、その美といのちを映している。

木々の生えた丘について思いをめぐらし、

谷間へと流れ落ちる水のはっきりとしたイメージ、

「銀色の小滝が山からリズミカルに落ちてくる」。

これに関連して、いくつかの文章が

一九七六年カロル・ヴォイティウァが

パウロ六世とローマ聖庁の人びとのための黙想会で

説教したときに書いたことを思い出させた。(解説より)

 

著者等紹介 木鎌安雄 キカマヤスオ

木鎌安雄/1932年東京生まれ。

上智大学卒業。英知大学教授。

著書「評伝トマス・マートン」(ドン・ボスコ社)、

訳書、マローニィ「神のいぶき」(あかし書房)他。