事業所

   宗教法人カトリックコンベンツアル
   聖フランシスコ修道会
聖母の騎士社

   代表者 竹内昭彦 編集者 赤尾満治

   〒850-0012 長崎市本河内2-2-1

   TEL:095-824-2080

   FAX:095-823-5340

   お気付の点などありましたら
   お気軽にご連絡ください。



Designed by:

ローマ教皇とマザーテレサ 印刷 Eメール

ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世 コルベ神父ゆかりの地をご訪問


1981年(昭和56年)2月26日 教皇ヨハネ・パウロ2世が、来日中に長崎の聖母の騎士修道院をご訪問。

教皇さまは長崎訪問の際にコルベ神父が生活した所で、コルベ神父の話を聞きたいと希望を持っておられました。

聖母の騎士修道院の訪問は25分を予定していましたが、1時間5分という時間をオーバーしてのご訪問となりました。

ご到着されると、小長井の聖母の騎士園の園児による鼓笛隊の演奏が始まり、

パパさまもリズムに合わせて演奏のマネをなさいました。

パパさまは階段を上がって本河内教会へ、東京関町修道院の大神学生10数人が待ち受ける中、

パパさまは神学生に手を差し伸べられました。

聖堂内では、「ビバ、パパさま」の歓声が湧き上がりました。

祭壇のお席に着座され、「コルベ神父の修道院を訪れて」というメッセージを英語で述べられました。

 

コルベ小聖堂で祈られた後、庭に出て花輪を受け取られ、コルベ像に献花されました。

花輪は濱田盛雄院長の考案で、白い花輪を外枠に、内に赤い花輪を合わせたものでした。

 

 

愛の証人 マザー・テレサ 長崎・聖母の騎士修道院を訪問


1982年(昭和57年)4月26日、マザー・テレサは2度目の来日で長崎を訪れ、聖母の騎士修道院をご訪問なさいました。

前年に長崎を訪問したヨハネ・パウロ2世に勧められ、マザーの強い希望が叶えられての長崎訪問となりました。

長崎訪問では爆心地で平和の祈りを捧げ、「母と子の大集会」、「修道女との集い」に出席しました。

また三ツ山町の恵の丘老人ホームを訪問し、大歓迎を受け、恵の丘の純心聖母会に宿泊しました。

27日に長崎をあとにし、翌日に大阪からカルカッタへと帰途につきました。