書籍冊子「大浦天主堂物語」

こころの自由 ここに始まる 信徒発見から150年

長崎は、日本のキリスト教史の縮図のような土地である。戦国時代末期のザビエルによる布教に始まり、禁教による弾圧と潜伏、安政の開国と信徒発見へと続く歴史は壮大なドラマでもある。本書は、主に大浦天主堂創建と信徒発見から150年におよぶ 長崎地区の動向をまとめた解説書として執筆した。 教会内部の出来事を中心にしながら、その時代背景に触れることによって、 日本や長崎の中での教会を描き出すよう努めた。 (「あとがき」より)

 

価格 2500円+消費税 B5判 本文200ページ 商品コード S918 ISBN:9784882163664 C0016 著者等 脇田安大

 カートへ