[命]ビンセント・ラチェンドロ師 日時 2021/03/27 終日


[2021] 司祭 ビンセント・ラチェンドロ(Vincent Gilbert Lachendro)

2021年3月27日 兄弟ビンセント・ラチェンドロ(Vincent Gilbert Lachendro)神父

1936年5月20日、アメリカ合衆国マサチューセッツ州エセックス郡セーラム市に生まれました。
1954年、メリーランド州ハワード郡エリコットシティのコンベンツアル聖フランシスコ修道会に入会。1955年8月15日に有期誓願を宣立し、1958年8月15日に終生誓願を宣立。
1963年5月25日、ニューヨーク州オールバニーにて司祭叙階。叙階後、最初の三年間の奉仕は、ニューヨーク州ノーストナワンダのカーディナル・オハラ高校でした。
宣教師になりたいという望みを絶えず抱いていた兄弟ビンセント神父様は、1967年(昭和42年)の7月2日の来日から1969年(昭和44年)まで、東京の語学学校に通い、学びました【アメリカ合衆国・聖アントニオ管区に在籍】。
1969年(昭和44年)4月1日 鹿児島県奄美大島に宣教師として派遣され、奄美大島修道院着任。同年7月1日から名瀬聖心教会助任司祭。
1971年(昭和46年)1月19日付から瀬留教会主任司祭【1973/10/02 奄美分管区/顧問・評議員に選出】、後に、赤尾木教会主任司祭。1976年(昭和51年)3月21日から古田町マリア教会主任司祭【1976/09/23 奄美分管区/顧問・評議員に再選、1979/10/06 奄美分管区/顧問・評議員に再選】。その間、フィリピン・マニラのE.A.P.I.(東アジア司牧研究所)、アメリカ合衆国への研修のため離島。
1982年(昭和57年)4月1日から長崎・学園修道院所属にて、聖母の騎士小神学校指導司祭。1984年(昭和59年)4月1日から聖母の騎士小神学校長。
1987年(昭和62年)4月1日から聖母の騎士修道院所属にて聖コルベ記念館館長、1988年(昭和63年)4月1日から本河内教会主任司祭。

1991年(平成3年)1月18日からフィリピン宣教へと派遣され、同年4月1日からマリラ・聖マキシミリアノ大神学校校長。1994年4月1日から無原罪の聖母黙想センターの霊的指導司祭として奉仕。1996年4月1日からは聖アウグスチノ教会主任司祭。

2001年(平成13年)11月8日に再来日し、那覇教区へ派遣。2002年(平成14年)4月1日から安里教会主任司祭。
2004年(平成16年)5月10日、アメリカ合衆国聖アントニオ管区からけがれなき聖母日本管区へ移籍。以後、那覇教区首里教会主任、2011年(平成23年)5月1日から宮古島平良教会主任司祭。以後、那覇教区教区秘書、 保良(ぼら)・南静園(なんせいえん)兼任。
2013年(平成25年)9月1日付にて、聖母の騎士修道院に派遣され、2016年(平成28年)12月9日に、健康状態が悪化したためアメリカ合衆国へ帰国。
2021年3月27日、エンフィールドの天使の聖母ケア・センターにて帰天。

宣教師になりたいという望みが叶い、日本とフィリピンの各地で司牧奉仕し、また若者の指導にも尽力しました。オートバイに乗り、親近感のある性格と笑顔で多くの人に慕われていました。
2021年3月30日(火)午後4時からパドヴァの聖アントニオ教会にて、葬儀ミサ。翌3月31日(水)午前11時に、マサチューセッツ州セーラムのセントメアリーズ墓地に埋葬されました。