聖母文庫「長崎オラショの旅」

キリスト教ゆかりの地、長崎を様々な角度から解説する。 イラスト付き巡礼の書。 「オラショ」とは、ポルトガル語で、「祈り」のこと。 長崎では、400年前の開港時代から今日まで、 喜びにつけ悲しみに付け、祈りが捧げられてきた。 本書は、心温まる話題を盛り込んで、 今でもキリスト教信仰の息づく街長崎へあなたを案内する。

旅の良さは、建物や遺跡や展示品を見るだけでなく、地元の人に会い、地元の人から直接に話を聞き、その土地の人情やこころに触れることにあると思っている。私はそれをねらいにして1974年10月から多くの旅行者を案内してきたが、その旅を「オラショの旅」という。歴史があり、教会があり、祈りがある長崎。あなたも長崎を旅する時、この小さな本をガイドブックとし、長崎のこころに触れ、旅情を感じとっていただければ幸いである。(はしがきより)

価格 500円+消費税 本文318ページ 商品コード B029 ISBN:9784882160588 C0126 著者等 小崎登明

 カートへ